倉庫が立地している場所の紹介と、倉庫立地によって得られるメリット


物流倉庫は日本を支えています

トラック・鉄道・船舶・航空機が活躍する物流は、日本経済を支える屋台骨になっていますが、それを保管・輸送するために大切な役割を果たしているのが倉庫です。大量の荷物を捌くためには、それに見合った大規模な倉庫が必須ですので、日本各地に多数点在しています。大規模倉庫は、国際空港や貨物取扱量の多い空港の近く・大都市近郊の港湾・高速道路沿いにあり、トラックが毎日数百台レベルで出入りします。高速道路沿いに大型倉庫が立地する理由は、それに見合った土地を、地方自治体が工業団地として整備しているケースが多いからです。最近では、有名ECサイトの倉庫・食品や日用品を扱う大型小売店の拠点倉庫があり、そこから日本各地に商品を輸送しています。郊外の高速道路利用は、混雑が少ない事で東日本の拠点から西日本の拠点への輸送スケジュールが立てやすい事や、渋滞によって余計なガソリン消費をしないで済むメリットもあり、ドライバーの心理的・肉体的負担も軽減させてくれます。

倉庫立地をする理由は何?

地方自治体が、大型倉庫などが入居出来る工業団地を整備する理由としては、大企業が入居する事によって、固定資産税を始めとした各税金が、安定的かつ長期にわたって自治体に入る事や、地元に雇用が生まれる事で学校卒業時の人口流出を防止し、得られた税金で地域サービスを高い状態で維持出来るメリットがあるからです。ちなみに、雇用はドライバー・倉庫管理・ピッキングを始めとして、数百人レベルで採用が行われるので、雇用改善が進むケースもあります。

3PLとは第三者に物流に関する機能を委託することによってより効率良く物流業務を進めることを意味します。