自営業は事前準備次第で最初の2年が変わるってホント!?潰さないためのノウハウ


事業計画を事前にしっかり立てておく

自営業を始めるだけならば、最寄りの税務署へ開業届を出すだけで済みます。しかし、実際に黒字経営を続けるためには、事業計画を綿密に立てた上でしっかり営業をしなければなりません。なぜなら、思いつきだけで自営業が起動に乗るほど世の中甘くは無いからです。試行錯誤をしながら事業を進められるほど、ライバルは甘くは無いためにすぐに競争に負けて撤退を余儀なくされてしまうでしょう。綿密な事業計画さえしっかり立てておけば、ブレずに勧められます。

最初の2年は無収入でも生活できる程度の貯蓄を用意

自営業を始めてからすぐに順風満帆に進むことは、何らかの提携先が最初から用意されていても実際には厳しいです。なぜなら、会社員として勤務していた時の人脈と自営業者となってから役立つ人脈には大きな差があるからです。自営業とはいえ会社の代表と従業員を兼任していることと同じですから、最初の2年は無収入であっても生活出来る程度の貯蓄を用意した上で事業を始める覚悟が必要になります。

3年目に軌道に乗れば安定する

自営業を始めてから3年目に入り、事業が安定して継続出来る状態ならば安定していると言えます。なぜなら、3年目からは売上規模に応じて消費税課税対象者となるからです。支払う税金が増えても安定して事業を継続出来ているならば、既に自営業が安定した証拠となっているので、背伸びし過ぎない程度に事業拡大を目指すか将来の法人化も視野に入れられます。自営業を継続するうちに、付き合いの幅が広がって別の事業に誘われる機会も増えるでしょう。その際に冷静さを保ち、うまい話には乗らないことが求められます。

フランチャイズとは流通における事業形態の1つで、加盟店に対し親企業が商標の使用許可やシステム等の提供を行う契約を結ぶことです。