引越しは忙しい…だからこそスムーズに終わらせる方法でやろう!


一人分の荷物でも結構ある

引越しをするとなると結構な時間がかかるし、そう簡単にいくものでもありません。不動産を巡ったり部屋探しをするだけでも結構な労費です。一人暮らしの引越しにしても一人で出来るものじゃありませんし、家族全員の引越しだと運び出す荷物の量が何倍にもなりますから、費やす時間も労力も比ではないでしょう。冷蔵庫、洗濯機など大型重量物は必ず持っていくものです。そう考えると引越しの大変さが実感できるはずです。

整理には時間をかけよう

引越しが大変なのは持ち物がたくさんあるからです。持っていくものが何もないなら、引越し業者に頼む必要もありません。当たり前の話ですが、引越しを楽にするには、運ぶものを少なくしてしまえばいいのです。大型テレビやダイニングテーブルなど初めから大きな物は小さくすることはできませんが、衣類や細々とした小物は上手な荷造りをしておくことで、楽に運び出すことができます。荷物を上手に詰め込めば、箱の数量を減らせます。荷造り用の段ボールになんでも放り込むのではなく、時間をかけて整理しながら片づけていくのが、引越しのコツなんです。

片付けがうんと楽になる

荷物を運び出して引越し先に届けたら一旦は終わりですが、引越し先では開梱して使いやすいように配置しなければなりません。荷物の移動が終わった時点の引越しでは、全体の7割ほどの進捗です。引越し先で部屋がいくつかあるなら、梱包された段ボールを各部屋に運ぶ作業もあります。荷造りにおいては、こうしたことを想定して段ボールには入っているものを表記しておくべきです。そうすることによって新居での片付けもうんと楽になります。

不用品の回収は品目別に分けて段取りを決め、買い取ってもらえるものは換金するなど工夫するとスムーズにできます。