個人で利用できる貸倉庫としてのトランクルーム


トランクルームとは何か

会社や家庭で保存しきれない荷物を保存する場所としては、倉庫運営会社が展開している貸倉庫があります。企業が自社の製品などを保管するために利用するといったイメージを持ちますが、個人向けの荷物の保存場所としては、トランクルームが存在します。保管に関する敷地は倉庫運営会社が保有しており、利用者やその用途による大きさのものを選ぶことができます。トランクルームを利用するには、倉庫運営会社との間で、物品を預けるための寄託契約を結びます。保全義務のついたサービスとして利用するため、月々の費用を支払うことになりますが、預けられた荷物には火災や損害等の各種保険が掛けられていることが特徴です。

トランクルームのメリットとデメリット

個人でトランクルームを利用するには、様々なメリットとデメリットがあります。荷物の保管専用スペースが確保できるため、オフシーズンの荷物などを別の場所に保管でき、家のスペースが有効利用できることが最大の特徴です。引っ越しやリフォームにおける一時的な保管場所としての利用や、防犯グッズを保管することで避難場所としても利用できるなど、様々な活用ができます。トランクルームを選ぶ際は、自宅から遠い場所を選ぶと、移動の際に不便となってしまう他、月額料金との関係から、かえって保管費用が余計にかかるケースも発生します。荷物を預けるという寄託契約の関係から、荷物を出し入れする際は、運営会社の業者が立ち会う必要があります。その方法も業者に荷物を預けるか、業者が立ち会って自分で荷物を運ぶかのいずれかとなります。

消費者に出来るだけ速く届けるために先進的な物流施設は、空港や港湾の近くに施設を構えてミスを防ぐための様々なシステムを取り入れてリードタイムを出来るだけ短くする工夫をしています。