eラーニングは魅力的?社員教育に使うときのコツ


社員教育で使えるeラーニング

eラーニングは社員が自分の持っているパソコンなどの端末から受講できる教育研修の方法として導入が活発に進められています。人材育成研修でもeラーニングを使うことはできますが、魅力があるかどうかは使い方によって大きく異なるので注意しましょう。どのような内容の研修にしたいかによってeラーニングのメリットを生かせるかどうかが異なるからです。eラーニングを最大限に生かすためには特性を利用していく必要があるため、どのようなシーンで有効活用できるのかを理解しておきましょう。eラーニングを人材育成で使えるかどうかを判断するために、適しているケースについて簡単に解説します。

eラーニングが適しているケース

eラーニングは社員に主体的な学習を進めさせるのに有効です。eラーニングのシステムを導入して教材を配置しておくことにより、社員の余力があったときに興味のある内容を選んで学ぶことができます。強制的に学ばせる仕組みを作ることもできるため、コンプライアンス教育などにも応用できるでしょう。eラーニングではテキストを読ませて問題を解かせる方法も選べますが、オンラインセミナーを実施して教育することも可能です。eラーニングの選び方は教育効果が上がるかどうかを左右する重要なポイントなので、慎重に吟味して決めるようにしましょう。

実践的なトレーニングはeラーニングで行うのが難しいのが現状です。そのため、実務力を高めるなら集まって研修を実施するのが賢明でしょう。

社員教育は、顧客サービスの向上や若手社員のスキルアップのために不可欠な機会として多くの企業内に取り入れられています。