1000円カットで失敗しない方法は色々あった!


どうして欲しいか等をはっきり伝えよう!

至る所に店舗があり、私たちの生活にも身近なものとなった1000円カットですが、希望通りの髪形にならなかった等の失敗談も良く聞かれます。そうした失敗をしないためには、まずどんな髪形にして欲しいか等をしっかり伝える必要があります。単にさっぱりさせてくださいといった抽象的なことでなく、前髪を〇センチ、もみあげを出してください等とこちらの意思を明確に伝えましょう。一般的に、人間の髪は1か月に1センチ程度伸びるとされています。ですので、2か月散髪していなくてその時の状態にして欲しければ2センチ、もっとさっぱりさせたいのならそれ以上の数値を言うとよいでしょう。

店舗選びも非常に重要です!

また、失敗を防ぐためには、店舗選びも重要なファクターになってきます。一般的に、1000円カットには理容師のみの店舗と美容師だけの店舗の2パターンに分けられます。これは法律上この2者が同時に働けないために起こる事態で、例え同じグループの1000円カットであっても理容師の店舗と美容師の店舗があります。なので、ある程度ヘアスタイルの注文をしたいという場合には美容師店舗を選ぶといったような、使い分けをすることが大事になります。店舗にそのような情報は表示されていないため、店舗に直接問い合わせをする必要があります。

口コミも大いに参考にしよう!

店舗ごとの口コミも、失敗しないために必要な情報の一つになります。カットの技術に関することはもちろん、店の雰囲気やいつ混んでいるか等を知るという意味でも、実際利用した人の声は貴重になります。色々な口コミを総合的に判断して、最終的には自分の判断で使う店舗を決定しましょう。

1000円カットの独立は、理美容師の免許があるだけでなく、業界の開業に関するノウハウや設備投資の資金が必要となります。