当日慌てないように展示会ブースの会場準備の手順をマスターしよう!


必要なものを入念に確認し忘れ物のないように!

ネット集客等の広告方法が主流になりつつある今でも、ビジネス展示会へのブース出展というのは自社の商品やサービスを売り込むために欠かせない集客ツールです。ただ、ブースの集客を思うような数にしたいなら、事前の準備が非常に大事になってきます。まず、展示会当日慌てないように、必要なものが揃っているか入念な確認が必要です。ブースに配置する商品サンプルや説明パネル、看板等に不具合がないかは特に注意しましょう。

また、PC周辺機器や筆記用具等細かいものの確認も忘れずに行う必要があります。これらのものは、きちんと用意しても当日なくしたりすることもあるので、きちんと分けて収納することも忘れないでください。さらに、来客者のための消毒液やウエットティッシュ、ノベルティも用意しておくとなおよいでしょう。

当日物を配置した後も安心しないようにしよう!

いよいよ当日をむかえ、ブース内の配置を済ませた後も忘れずに準備をしておきたいことはいくつかあります。一つは、当日の役割分担の再確認です。メイン業務はもちろん、担当者の手が離せない時に誰が代わりをするかも明確に決めておきましょう。来客アンケートを実施する際には、記入所を設けておく等の対応も必要になります。来客対応や、来客者に質問された時の返答等のマニュアルの再確認も必要です。聞く人によって返答内容が違うということを少なくし、正しい情報を来客者に知ってもらいましょう。その他、ブース内でのトラブルが起きた際の連絡先の確認等、何かあった時のことの備えも忘れず行います。

展示会の施工は、デザイン事務所や運送会社、イベント企画会社など様々な法人が協力して行われるケースが目立ちます。